スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mollyの身の上話 その3

オーマイガッ!!
前回更新したときから、もう1ヶ月が経ってしまったんですね
そんなことしているあいだにも、新しく観た映画や舞台は色々あって感想書ききれてないし、身の上話が最後まで書ききっていないというのに・・・あぁ

まずは、書こう書こうと思っていた身の上話のその3をいきたいと思います!

さて、大学に入って7年目の女子校生活が始まったわけですが、私自身は他大の男子と仲良くなるような機会もなく、バイト先の人と飲みに行くことが時たまあった程度でした。

・・・って、これじゃ「その2」の冒頭と変わらない!!(笑)

さすがに大学ともなると、周囲の子は男子とは隔離された環境にいるわけではなく・・・休み時間に「○○大の子と合コンしてきた」なんて話が耳に入ってきたり、あまりハッキリと言っている子はいませんでしたが、友達にも彼氏持ちの子が何人かいたり。

そういう話を聞くたびに、なんだか私は動揺していたんですね。

高校までは遠い世界のことだと思っていた「男子との恋愛」というものが、大学に入った途端に急にごく身近にある生々しいものに思えてきてしまったのです。
雑誌を買ってみても恋愛にまつわる記事ばかりだし、恋愛もののドラマや映画を観てもピンとこない。
それに、男の子と恋愛することがそんなに大事なこととは思えなかったし、男性と付き合っている自分というのが想像つかなかった。

1年生のときの英会話のテストで「将来、どんなキャリアを築きたい?」と訊かれ、「とにかく、結婚は絶対しない!」と答えたのを今でも覚えています(笑)。

そんな悶々とした気持ちを抱えながら迎えた、大学2年の夏。
初・海外です語学研修としてイギリスに行きました
その研修で同じ班になったのが、去年の秋に結婚式に呼んでくれたあの先輩でした。
当時の私にとっては、その先輩がとにかくカッコよく見えたんです!
当時の私の言い方を借りるなら、

ジブリ映画のヒロインを地でいくような人!!

明るくて、行動力があって、目標に向かってすごく軽やかに生きている人。
最初に顔を合わせたときからすごく憧れて好きでしたが、もちろん恋愛感情としての「好き」ではなく、高校まで何度も経験していた「疑似恋愛」とか、「憧れ」をまた味わっているだけなんだな、と認識していました。

あー、なんか当時の気持ちを表現するのが難しくなってきた

だけど、そんな感情は過去に味わっていたものよりずっと強くて、自分でも不思議なくらいだったんですね。
そして帰国の数日前、たまたま半日時間ができてしまい、それそれ自由行動で好きなところに行こうという話になったとき、私は先輩と2人でロンドン塔に行くことになったんです
このとき、私の頭の中に「先輩とデートだ!!」という言葉が生まれて、ふと、「あれ?」と立ち止まってしまったんです。

不思議と「デート」という言葉が一番しっくりくるような気がする

そこで、今の自分の気持ちはどう名前をつけたらいいのかわからないものだから、とりあえず「恋愛(仮)」ということにしておこう!と決めました。
とはいえ、それでも数カ月は悩みましたね・・・。
自分が同性愛者なのかそうでないのかはっきりしなくて、いっそのこと病院で診断してもらって「あなたは同性愛者です」と言われたらよっぽど楽なのに、と思ってたほど。
(もちろん、現代の医療では同性愛は病気扱いではないので、こんなことは不可能なのですが)

だから、自分が同性愛者だと自覚した大きなきっかけというのはそんなになく、その先輩が好きになってからじわじわと自覚が芽生えていったような感じです。
それがだいたい、大学2年の夏~大学3年の春くらいかな。
イギリスに初めて行った経験や思い出は、今でも私の中でかなり大きな位置を占めていますし、得たものも多かったのですが、一番大きな収穫が「自分の同性愛への自覚」って言っても言い過ぎではない・・・

だけどそのあとは、不思議と男女の恋愛に対する違和感や不快感のようなものはほとんどなくなりました。
多分、自分の身には降りかからないものだとわかった分、人は人、自分は自分と割り切れる面が大きくなったんだと思います。

さて、ホントに長くなってしまったな・・・。
最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございます
これでも語りたかったことはいくらか削ったので、またそのうち他の記事でちょっとずつ話題に出して補足していくことになるやもしれません。

次からはこの数か月のうちに観た演劇や映画の感想を書きたいなと思いつつ・・・(笑)。
他にも書きたいことはいっぱいあるのよーっ!!
訪問者リストを見ると、この1ヶ月のあいだにもブログを見てくださってた方が何人もいて嬉しい限りです
どうぞ、気長にお付き合いくださいませ
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Molly

Author:Molly
1987年9月2日生まれの26歳。

仕事のあいまに英語&イタリア語の勉強、映画鑑賞、演劇鑑賞などをしております。

女の子が恋愛対象の女。
いわゆる同性愛者です。

詳しいプロフィールはリンクの「Mollyのプロフィール」へ!

ブクログ・Mollyの洋書棚
最新記事
Web page translation
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。