スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レ・ミゼラブル』新キャスト発表!

最近どういうわけか最近、坂本真綾のファンになりつつある下の弟と、前々から新妻聖子が好きな私。
この2人が同時に『レ・ミゼラブル』に出たら最強じゃん!と思って来年の公演のキャスト発表をそわそわと待っていたのですが、職場の昼休みにふと、東宝のページをちょうど発表されたところでした~

東宝での発表ページはこちら

バルジャン=山口祐一郎、キム・ジュンヒョン
ファンテーヌ=知念里奈、和音美桜、里アンナ
エポニーヌ=笹本玲奈、昆夏美、平野綾
ジャベール=吉原光夫、川口竜也
テナルディエ=駒田一、KENTARO、萬谷法英
アンジョルラス=上原理生、野島直人
コゼット=若井久美子
マリウス=山崎育三郎、原田優一、田村良太
マダム・テナルディエ=森公美子、浦嶋りんこ、谷口ゆうな



うそーん!!坂本真綾、新妻聖子、どっちもいないやん

そんな個人的な感想は後回しにするとして、プリンシパルの鉄板キャストは残しつつ、大幅に世代交代をはかったような感じでしょうか・・・。
私が初めて『レ・ミゼ』を観たのは2007年なので、それ以前の長い歴史を知り尽くしているわけではありませんが、若手を積極的に起用するのがこの舞台の良さでもあるでしょうし、だからこそ25年近くものあいだ再演を繰り返してやってこれたのでしょうが、個人的にはあんまり観たいと思えるような人がいない
私の好きな別所バルジャンもいないのか・・・。

そして、一番びっくりは平野綾
ここ数年の大きな舞台での仕事を見ると、声優から本格的な女優へ路線変更しようとしているのかと勘ぐってしまう・・・。
坂本エポニーヌのときは、あまり観劇慣れしていないようないわゆる「オタク」っぽい人が結構見かけられたという話ですが(私は坂本エポニーヌ観たことがないので、ネットとシシィからの情報/笑)、今回もそうなるのかな。

それにしても、新妻ファンティーヌ・・・新妻ファンティーヌがぁ~!!
去年観ておいてよかったと思いつつも、実はもう1回観たいんですよ・・・
今年の『ミス・サイゴン』も、うだうだしていたらチケット取り損ねたし

『レ・ミゼ』は良い意味で、誰が出ていても一定のクオリティが保たれているという印象があるので、キャストばっかりにあーだこーだ言うのは邪道な気もするのですが、わざわざ観に行きたいと思えるキャストでは・・・ない
上演されるたびに毎回観ているというわけではないし、来年は観ないかな・・・。
弟にこのことを伝えると、「あぁ、真綾さんはもう『レ・ミゼラブル』は卒業してるから」というクールなお答え(笑)。
『レ・ミゼ』関連で「卒業」って言葉が使われるの、初めて聞いたよ・・・。

秋元才加(まだ推してる/笑)が将来、結構前から『レ・ミゼ』に出たいとちょいちょい発言しているので、彼女のエポニーヌが観られるようになるまで待ちますよ、私は!!
出たところで、笹本玲奈や新妻聖子の歌を聴きなれている耳の肥えたお客さんには叩かれるか、いつものように予想の斜め上をいく結果を出して認められるか、どちらに転ぶかはわかりませんが、それも経験のうちだものね

あとは、今年公開の映画版を楽しみに待つのみ
予告編見ただけで大長編になりそうな期待があるし、これはできたらシシィと観に行けたらいいな



よし、来年は『レ・ミゼ』がだめなら、せめて1本は新妻さんの舞台を観に行こう。
その前に、今年は12月のライブにも行こう
スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Molly

Author:Molly
1987年9月2日生まれの26歳。

仕事のあいまに英語&イタリア語の勉強、映画鑑賞、演劇鑑賞などをしております。

女の子が恋愛対象の女。
いわゆる同性愛者です。

詳しいプロフィールはリンクの「Mollyのプロフィール」へ!

ブクログ・Mollyの洋書棚
最新記事
Web page translation
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。