FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer. キャスト編

この記事では、『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer.のキャストの方々について書き散らしていきます

後述しますが、アロイジア役のAKANEさんの歌に聞き惚れていたがために、今日はずっと夢見心地でボーッとして職場の玄関ゲートに足をぶつけたのは内緒です(笑)。が、学生もいるのに・・・

ヴォルフガング・モーツァルト 中川晃教
サリエリ 山本耕史
コンスタンツェ・ウェーバー 秋元才加
アロイジア・ウェーバー AKANE LIV
セシリア・ウェーバー キムラ緑子
フリードリンウェーバー&ヨーゼフ二世 酒井敏也 
コロレド大司教 コング桑田 
ローゼンベルク伯爵 湯澤幸一郎 
アンナ・マリア・モーツァルト(ママ) 北村岳子
レオポルド・モーツァルト(パパ) 高橋ジョージ 
ナンネール・モーツァルト(姉) 菊地美香
歌姫(カヴァリエリ) 北原瑠美 
ダ・ボンテ 上山竜司 
運命 鶴見辰吾
ヨーゼファ・ウェーバー 栗山絵美 
ゾフィー・ウェーバー 平田小百合


のっけからなんですが、幕が開いて最初に思ったことは・・・高橋ジョージが聞き取れない
歌の歌詞もセリフも、何を言っているのかほとんどわからなかったのです
初めは音響のせいかな?と思っていましたが、隣にいる菊地ナンネールはちゃんと聞き取れる・・・。
というわけで、レオポルトお父様のセリフはほとんどストーリーの流れから推測しないとならないという状況でした(笑)。
幕が開いてからしばらくは、劇場全体の音響に違和感がありましたが、聴いているうちに気にならなくなってきたかな。

今回観たルージュverはモーツァルト役がアッキー(中川晃教)、サリエリが山本耕史です!
東宝の『モーツァルト!』は残念ながら観ていないのですが、アッキーのモーツァルトは若々しくて無鉄砲で自分に正直すぎて破滅してしまうモーツァルト。
まさに、「僕こそミュージック!」(演目違う)な人。
見ていても、もうちょっと落ち着け!と言いたくなるくらいで、あと少し彼に分別があったらもっと音楽家として成功していたのか、それともこんなに手に負えない性格だったからこそ後世に残るほどの音楽の残せたのか、どっちなんだろう・・・と考えてしまいました。
歌声もすごく伸びやかで生命力にあふれてました!
なんか、ディズニー映画の吹き替えが似合いそう。
歌も芝居もできるわけだし、なんだか『ヘラクレス』の吹き替えをしたときの秋山純の声を思い出しちゃいました。あれに似てる(笑)。

山本サリエリは抜群の安定感。
(『RENT』が好きなので、ジョナサン・ラーソンつながりでいつか『チック・チック・ブーン!』が再演されたら観に行こうと思ってたのに、去年の公演をチェックし忘れていたのは大失態
見た目はクールで落ち着いた物腰、話し方も冷静ですが内に秘めたモーツァルトに対する複雑な感情が見え隠れして・・・。
一見、理性のある大人なんだから汚い手を使わずにいればよかったのに、なんだか切ないです。

思わぬポイントは、モーツァルトの姉・ナンネールかな。
前に記事を書いたときに、菊地さんのナンネールが心配だったのですが、全国の菊地美香ファンの方々ごめんなさい!
セリフがクリアでとても聴きやすくて、低音も高音も心地よく聴こえました。
ちょっとアニメ声気味なのと背が低いのが気になりましたが、これもどうしようもないことだしな。
友達がこきおろしていたのは2007年のコゼットだから、6年前はしょせん6年前なのだな・・・。
自己主張の強いモーツァルト父子の中で、仲介役のような役割を果たしていて、モーツァルトの一番の理解者はナンネールだったのではいかと思ったほど。
可憐でけなげで、きっと家にいるあいだは、「旅に出ているモーツァルトの手紙をレオポルトが受け取って血相を変えたり、激高しながら返事を書いている姿に胸を痛めていたのかな」、とか、「弟と父とのあいだで板挟みになっていたのかな」、とか想像すると胸が痛みます

あと、AKANEさん・・・私がひそかに一番楽しみにしていたAKANEさん・・・。
アロイジアの登場シーンって、フランス版でももったいぶりすぎだろと思うほどなのですが・・・。

(参考動画)



今回も、踊るアンサンブルを8人ほど従えて回り舞台の上の巨大セットから降りてくるという演出!
この話の中で、こんなにアンサンブル連れて登場する人、他にいないわ(笑)。
そして、マリー・アントワネット並みに盛った髪に、ふわふわに広がったドレス!しかも、顔ちっちゃい!
衣装のドレスはかなり着る人を選びそうなデザインでしたが、似合いすぎてお人形みたいだったな~。
一言発するだけで、もうお姉様じゃなくて女王様の貫録
思わずうっとりしてしまいました・・・
ソプラノも美しい・・・
やっぱり、宝塚で何年も舞台に立つ訓練を積んできた人の厚みのようなものがあります。
終演後、渋谷のタワレコに直行してLIV MOONのCDを探しに行った女は私です(笑)。
CDショップのヘビメタのコーナー、生まれて初めて行きました。(ついこないだまで「好みじゃない」とか書いてたくせに、ゲンキンな女である)

渋谷から帰る時はいつもは半蔵門線を使って帰るのですが、銀座線を使った方が安いということが最近わかったのでそっちで帰ろうかと思っていたはずなのに、AKANEさんの歌のせいで夢見心地で歩いていたらいつもの習慣で半蔵門線に乗っていたというオチまで(しかも押上まで行ってから気がついた)
習慣って恐ろしい!(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Molly

Author:Molly
1987年9月2日生まれの26歳。

仕事のあいまに英語&イタリア語の勉強、映画鑑賞、演劇鑑賞などをしております。

女の子が恋愛対象の女。
いわゆる同性愛者です。

詳しいプロフィールはリンクの「Mollyのプロフィール」へ!

ブクログ・Mollyの洋書棚
最新記事
Web page translation
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。