FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロックオペラ モーツァルト』インディゴVer.千秋楽

はぁ・・・とうとう『ロックオペラ モーツァルト』(以下、ROM)の東京千秋楽が終わってしまいました。
千秋楽はインディゴVer.(山本モーツァルト、中川サリエリ)を鑑賞でした

プレビュー公演をみたときは、ストーリーの焦点が・・・登場人物の心情が・・・などといろいろ書いてしまいましたが、私のかなり独断な持論では、「いい作品」の定義は「見終わってから数日経っても、『いい作品だったなぁ・・・』と思えるもの」なのです!
今まで観てきた映画や演劇の中には、
観終えた直後は感動しても何日か経つとアラがいくつも見えてきてしまい、「思ったほどいい作品じゃなかったかもな」と思えたものと、
観終えた直後は「微妙・・・」と思っていても、あとから作品について考えているうちにジワジワと良さがわかってくるものとがあるのですが、この『ロックオペラ モーツァルト』は後者なんだと思う。

その証拠に、何日も経っても頭の中で「きっみの胸~にっぼっくの名前~を~が頭から離れないのです
私の脳内のモーツァルト、ちょっと黙ってて!(笑)
「どん~なっとき~もっ前~を向い~てっ
コンスタンツェもちょっと黙ってて!(笑)

気を取り直して感想ですが、プレビュー公演のときの感想に

「もう少し時間が長くてもいいから登場人物の心情を掘り下げたり、サリエリに焦点を当てたり、もうちょっと補足が欲しい」

と書いてしまいましたが、本当はその逆なんだと気付きました!
「ストーリーをなぞっているだけで、心理描写がない」のではなく、本当は「歌で心理描写を表現するのに集中しすぎて、ストーリーがおざなりになっている」だけなんでした

やっぱり一番興味深かったのは、インディゴキャストルージュキャストの対比。
中川アッキーのモーツァルトが天真爛漫でしょうもない放蕩息子だったのに対して、山本耕史のモーツァルトは、自分なりのポリシーや信条を持っているのに、なかなかそれを周囲にわかってもらえない不器用な青年という印象を受けました。
どちらかといえば、感情移入しやすいのは山本モーツァルトの方だったかな。
ミュージカル作品で代表作はいくつもありますし、『レ・ミゼラブル』でマリウスをやっていたときのCDを聞きまくっていたので歌がうまいのはわかっていましたが、私が思っていたよりも身のこなしが軽くてビックリ
数日前のトークショーでは、山本耕史がGLAYのTERUに似ているということをイジられてモノマネを披露したという話を他の方のブログで読んだのですが、実際に山本モーツァルトを見るともう、目の前にいるのがTERUにしか見えません(笑)。
ファンの方には申し訳ないけれど、2幕あたりはほとんどTERUがモーツァルトやってるんじゃないかと錯覚していたくらいです。
あの流れでいきなり『HOWEVER』(古い)を歌いだしても、きっと驚かなかったわ(笑)。

中川サリエリは、どういう感じになるのか観る前はなかなかイメージができなかったのですが、

「その男の名は、ヴォルフガング・・・アマデウス・・・モーツァルッッ!!!」

の言い方だけでもう、嫉妬心があからさまに出ていて、山本サリエリとは対照的。
(このセリフを文字に起こすとジョジョみたいだな
連日、モーツァルトとサリエリの交代で演じている弊害なのか、セリフのちょっとしたミスで

サ「11歳、いや、13歳で最初のオペラを書いた」
モ「違うよ。11歳だ」

と、お互いに年齢を訂正し合うという混乱が起きてましたが(笑)。
やっぱり、毎日日替わりで違う役をやってると混乱しますよね~。
ROMと関係ありませんが、2年前に三島由紀夫の2つの戯曲を同じ俳優で日替わり上演してた『ミシマダブル』を思い出しました。
観に行っていないけど、あれも日によって演じる作品も役も変わるわけだから切り替え大変だっただろうな

そうそう、プレビュー公演に行った時は3階席からは鶴見さん演じる「運命」の存在がわからなくて、ネット上で見た人たちの間では話題になっていたのについていけなかったのですが、デーモン小暮としか思えないような衣装とメイクで、ほとんどセリフを発さず(歌はちょっと歌ってたかな)舞台上をゆっくり動きまわっているだけ、という役を初めて発見!
あれですね、『エリザベート』のトート閣下のように、抽象概念を擬人化した役ですよね。
突然出てきたかと思ったら出てこないシーンがあり、また気が付いたらひょっこり出ているという役どころなので、繰り返し観ていたら「運命」の登場に法則が見出せたのかもしれませんが、2回観ただけだとわからなかった・・・残念

プレビューに引き続きずっと注目していたAKANEアロイジアですが、1週間のあいだに借りたLIV MOONのCDをずっと聴いていたせいか、もう脳内がすっかりAKANEさんの声に侵されてしまったというか(笑)。

ウェーバー家のシーンでは今か今かと登場を待つのですが、何の前触れもなく「パパ、ママ、私はここよ」と言って音楽と共に登場するものですから、2回観ても2回とも不意打ちにあった気がする
フランス版も唐突に登場するので、上記のセリフを日本版として追加したのだと思うのですが、別にあの場面ではアロイジア探されてるわけでもないし・・・。
常にウェーバー家の中心にいるアロイジアがたまたまあの場にいなくて、アロイジア不在のままモーツァルトへのもてなしが進みそうだったので、「やばっ、このままだと私が話題においてかれちゃう!」と焦ったアロイジアが唐突に(でもすました顔で)出てきたんだ、という展開を脳内で補完してますが(笑)。

やっぱり、AKANEさんは立ち姿が美しい
着ているドレスはどれも着る人間を選びそうな華やかなものばかりですが、もう、あの姿のままガラスケースに入れてうちに飾っておきたい!という変態発想が出てくるほどに綺麗でした
リアル・バービー人形め・・・(褒め言葉)。
スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Molly

Author:Molly
1987年9月2日生まれの26歳。

仕事のあいまに英語&イタリア語の勉強、映画鑑賞、演劇鑑賞などをしております。

女の子が恋愛対象の女。
いわゆる同性愛者です。

詳しいプロフィールはリンクの「Mollyのプロフィール」へ!

ブクログ・Mollyの洋書棚
最新記事
Web page translation
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。