FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、シアターオーブ

こんにちは、Mollyです!
まだまだやらなくてはいけないことが色々あるのに、ブログで現実逃避している日曜の夜でございます。

昨日、『サウンド・オブ・ミュージック』を観に行く合間に、5月に行われる『Musical Concerts SUPER DUETS』のチケットを取りました
『ROM』でAKANE LIVさんに夢中になり、このタイミングで次のコンサートの告知がされれば行かないわけにはいかないでしょう!と。
数日前にLIV MOONのライブDVDも発売され、こちらも試しに買ってみようかどうしようか迷ったのですが、DVDも買いつつコンサートのチケット代も捻出して・・・というのが難しかったので、

LIV MOONのライブDVD(¥4500) or
AKANEさんの生歌が聴けるコンサート(¥6000~10000)


を天秤にかけた結果、自分の中で後者に軍配が上がりました(笑)。
1万円払ってでも聴きたい、AKANEさんの歌声・・・

制作のアトリエダンカンの方ではチケット販売までは扱っていなかったので、私が日ごろ頼りにしているBunkamuraチケットセンターで購入したところ、1階席は25列目しか残っていないとのことだったので2階席の2列目を購入。
がしかし、家に帰ってからイープラスを開いてみるとまだ1階席13列目があるではありませんか
そこで急いで、イープラスで13列目を買い直し、今日になってからBunkamuraチケットセンターにはキャンセルの電話を入れました

チケット購入の窓口が複数ある場合(演劇はたいていそうだけど)、各プレイガイドによって割り当てられている席の枠は当然異なります。
だけど、どこのプレイガイドにどのくらい良い席が委託されているかって、なかなか推測できそうでできないものなんだな
Bunkamuraチケセンは過去に何度か利用したときは割と良い席が取れたうえに、当日チケットを忘れてもチケットセンターに駆け込めば仮チケットをその場で発行してもらえたりもしたので、個人的にはとても信頼している窓口なのですが、イープラあなどれん・・・(笑)。
舞台制作会社にいた頃には票券担当の人からチケットにまつわるからくりはいろいろ教えてもらえたので、こういうときにはもうちょっと話を聞いておくんだったと思わずにはいられませんが、辞めてしまったのだから仕方ない

それより前の席は安蘭けいさんのファンクラブあたりでも握っているのかわかりませんが、他のプレイガイドを回っても13列が限度だったかな。

さて、コンサートの話に戻りますが、フライヤーのこの写真の大きさの差が・・・(笑)。
いや、もう、仕方のないことではあるんですが、なんだか露骨すぎやしないかと
AKANEさんがミュージカル界においてどれくらい集客力があるのか謎ですが、そういった力に関しては安蘭さんの方が確実に上だろうしね。
あと、LUNA SEA時代の河村隆一を知っている世代としては、彼がミュージカルに出演するということに未だに違和感があるというか
数年前、家に赤坂ACTシアターから『CHICAGO』の先行予約のハガキが来たとき、フリン役を彼がやると知って目を疑った記憶があります(笑)。

ついでに、構成・演出の菅野氏のコメントに

次世代を担うヤングスターとして頭角を現す、東山義久とAKANE LIV

・・・ん?東山さんはともかく、AKANEさんて「ヤングスター」なのか!?
宝塚時代を含めて10年以上のキャリアがありますが・・・「ヤング」なの!?
いや、今後ますますの活躍が期待されるという意味で、というならいいのですが・・・いかんいかん、また私のツッコミ癖が
細かいところまで気になってしまうのが、僕の悪い癖(by 某特命係)。

前向きな話に戻ると、今回ダンサーとして参加の伯鞘麗名さんて、『ダブルヒロイン』にも出てた人だっ!一時期、ブログをチェックしてました!
森実友紀さんもどこかで見かけたことのある名前だと思っていたら、『ウィズ~オズの魔法使い~』のアンサンブルの方でした
どちらもAKBを知らなければ観に行かなかったであろう作品なので、共演者やアンサンブルの方の名前もどんどん覚えられて裾野が広がっていくのが楽しい

今発表されてる曲目は、河村隆一と安蘭さんの出演経験のある作品からのナンバーがいくつか入っていて、AKANEさんが過去に出演したことのある作品はなしか~
『CHICAGO』のメドレーなら、AKANEさんがロキシーで安蘭さんがヴェルマで(逆でも良し!)、2人で「Hot Honey Rag」を歌ってくれたらかなり楽しいと思う・・・!
「Cell Block Tango」も聴きたいけど、あれは人数が多くないと無理がありそうだしな。
『RENT』の「Seasons of Love」を歌うなら、途中の女性ソロパートは安蘭さんとAKANEさんのどちらが歌うのかしら、『ウエストサイド・ストーリー』の「One hand, One heart」は一体どっちのペアがデュエットを・・・なんて考えるとキリがないのですが、このままだと本当に現実逃避したままになりそうなので、そろそろ止めます!現実に戻ろう(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Molly

Author:Molly
1987年9月2日生まれの26歳。

仕事のあいまに英語&イタリア語の勉強、映画鑑賞、演劇鑑賞などをしております。

女の子が恋愛対象の女。
いわゆる同性愛者です。

詳しいプロフィールはリンクの「Mollyのプロフィール」へ!

ブクログ・Mollyの洋書棚
最新記事
Web page translation
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。