FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗読劇情報!

すっかり、AKANE LIVのファンブログのような側面を持ってしまった私のブログですが、また今日も浮かれるような情報が入ってきたました

ファンクラブ(とうとう入会した)のメールマガジンによると、9月にあいちトリエンナーレ2013の中で朗読劇『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』の主演を務められるそうな。


主演!


主演!!


しゅ・え・ん!!

ミュージカルもいいけれどストレートプレイでAKANEさんの演技をがっつり堪能してみたいなーと思っていたので、これは嬉しい
(「もしAKANEさんがシェイクスピア劇に出演するとしたら演じてほしい作品と役」について妄想することもあるのです/笑)
上演時間が休憩含めて3時間なので、そんなに長い時間AKANEさんの演技をじっくり見られるのね~。

関東在住の私にとって開催場所が名古屋というのはネックですが、学生時代に名古屋に1人旅したこともあるのでまったく知らない土地でもないし、休日をうまくやりくりすれば土曜日に観に行くことはできるはず。
というか、今の私にはそのくらいの支障など、どうということはない・・・!(笑)

作品のことをいろいろ調べてみましたが、「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」というのは、「真珠の耳飾りの少女」のモデルにもなったと言われているグイド・レーニの絵画だそうな。

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

真珠の耳飾りの少女

画像検索してみると、確かに構図が似ています。
「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」自体はローマの美術館に収蔵されているらしいので容易に見に行くことはできませんが、実在の人物のエピソードがモデルになっているそうなので、せめてあらすじを知っとこう・・・と思ってベアトリーチェ・チェンチのエピソードを調べてみたら、なんだかスキャンダラスな内容でちょっとびっくり
戯曲は書き下ろしのオリジナルとのことなので、関連の資料があるか探してみよう。

しかも今回の作品、オーディションでキャストを決めてるのねー!
この作品に限らずオーデョション告知って、あらすじや登場人物の細かい設定がよくわかるので意外と参考になります(笑)。
AKANEさん、オーディションで主演を勝ち取ったのか・・・。
今回の演出の田尾下哲氏って、このあいだやっていた朗読劇『ガラスの動物園』の演出も手掛けていて、AKANEさんもその舞台を観に行ったとブログに書かれていたので(森実さんつながり?)、そこら辺に何か関連性はあるのかな・・・?と思ったりして。
今回共演する岸田研二さんという方も、『ガラスの動物園』出てるし。
(ちなみに、知っているだけでも劇団四季の元在籍者が3人もいる舞台だったので、私も観に行こうか迷ったのですが、迷っているうちに見逃してしまったという、いつものパターン・・・)

それはさておき、AKANEさんのファンクラブ・・・舞台出演の告知をしてくれるなら、チケットの申し込み方も掲載してくれたっていいじゃないか・・・。
あいちトリエンナーレの公式サイトをさまよって、やっと申し込み方法を見つけました!
こちらから、Eメール、FAX、はがきで申し込みできるそうです。
しかも、無料です。やっほう!(笑)

とりあえず、あと2カ月先なのに今から電車やバスのアクセスを調べたり、前に1人旅したときに使った名古屋の旅行ガイドを引っ張り出してきています
旅の楽しみは準備からなのだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Molly

Author:Molly
1987年9月2日生まれの26歳。

仕事のあいまに英語&イタリア語の勉強、映画鑑賞、演劇鑑賞などをしております。

女の子が恋愛対象の女。
いわゆる同性愛者です。

詳しいプロフィールはリンクの「Mollyのプロフィール」へ!

ブクログ・Mollyの洋書棚
最新記事
Web page translation
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。